医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

ホーム > 眼の病気 > 点状表層角膜炎

点状表層角膜炎(びまん性表層角膜炎)

点状表層角膜炎の症状・原因の説明です。
当院では点眼による治療を行なっております。

ご予約はこちら

点状表層角膜炎とは

「点状表層角膜炎」という疾患は、名前の通り角膜に点状の傷がついてしまう疾患です。

原因

長時間のコンタクトレンズ装用や、汚れたレンズを装用することで角膜に傷がついてしまいます。

主な自覚症状

痛み、充血、涙、まぶしさを感じるなどの症状があります。いつもと比較しておかしいと思う症状が出ると、この疾患を疑ってもいいでしょう。

主な治療方法

コンタクトレンズの装用を中止したうえで、点眼薬などを投与します。

比較的治りやすいので、一晩か数日のうちには症状は改善されます。
しかし念のため、コンタクトレンズは1週間くらいはしないほうがいいでしょう。

治療薬

※当院では処方箋を発行し、院外処方をしておりますので販売は一切しておりません。
この病気に対して処方している薬を表示しています。

抗菌薬

製品名 説明


クラビット
細菌のDNA複製を阻害し、増殖を阻害することにより抗菌作用を示します。


タリビッド(点眼液)
細菌のDNA複製を阻害し、増殖を阻害することにより抗菌作用を示します。


タリビッド(眼軟膏)
細菌のDNA複製を阻害し、増殖を阻害することにより抗菌作用を示します。

角膜疾患治療薬

製品名 説明

ヒアレイン点眼液
角膜上皮細胞の接着、伸展を促進し、角膜上皮の創傷の治癒を促進します。また、涙を保持し安定させて目の乾燥を防ぎます。通常、シェーグレン症候群やドライアイ、術後、コンタクトレンズ装用などによる目の傷の治療に用いられます。

ヒアロンサン点眼液
上皮のフィブロネクチンと結合して、上皮細胞の接着、伸展を促進し、角膜表面の傷をなおし、また水分子を保持し、目の乾燥を防ぎます。
通常、シェーグレン症候群やドライアイ、術後、コンタクトレンズ装用などによる目の傷の治療に用いられます。

ジクアス点眼液
涙の成分であるムチンや水分の分泌を促進し、涙の状態を改善することで角結膜上皮の障害を改善します。
通常、ドライアイの治療に用いられます。

副腎皮質ホルモン(ステロイド)点眼薬

製品名 説明


フルメトロン
合成副腎皮質ホルモン(ステロイド)製剤で、抗炎症作用や抗アレルギー作用をもち、目のいろいろな炎症を抑えます。通常、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎などの目の炎症の治療に用います。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。