医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

ホーム > 眼の病気 > 涙嚢炎

涙嚢炎

涙嚢炎は鼻涙管閉塞や狭窄のため涙嚢に溜まった涙に細菌が感染して起きます。当院では抗生剤点眼を基本としつつ、必要に応じ抗生剤内服、洗浄、排膿を行い、手術が必要であれば手術 のできる病院に紹介します。

ご予約はこちら

涙嚢炎とは

涙は涙腺(上まぶたの外方にある)でつくられ、それが角膜を潤して、目頭の上下の瞼縁にある涙点から涙小管と呼ばれる細かい管に入って、目と鼻の間にある涙嚢に集まります。涙嚢炎とは、この部分に炎症が起きた状態をいいます。

原因

涙嚢炎の原因の多くは鼻涙管閉塞です。鼻涙管閉塞とは、先天的または後天的に、鼻涙管に閉塞や狭窄(狭くなること)が起きる病気が原因で、涙嚢に溜まった 涙に細菌が住みつき涙嚢炎になるのです。先天的鼻涙管閉塞は新生児によくみられますが、成長とともに自然に治ることがあります。後天性のものは、鼻炎や蓄 膿症が原因となって鼻涙管が詰まる場合と、結膜炎などの炎症が広がったことが原因で鼻涙管が詰まる場合とがあります。

自覚症状

涙嚢炎には、慢性涙嚢炎と急性涙嚢炎があります。

慢性涙嚢炎

涙嚢に最近が繁殖して膿汁をつくり、涙嚢部を押すと、膿汁や汚れた涙が逆流してきます。涙目をそのままにしておくと、慢性涙嚢炎になりやすくなります。

急性涙嚢炎

慢性涙嚢炎が急に悪化したものです。涙嚢部が突然強く痛み、その部分の皮膚が赤くなり、はれます。時には発赤と腫れがほおにまで広がり、痛くて夜眠れないこともあります。そのまま放置すると、涙嚢が破れ、治りますが、後が残ることがあります。

検査・治療方法

目頭にある涙点から生理食塩水を注入し、正常であれば鼻の奥に通過してゆくことが確認できますが、生理食塩水が涙点から逆流する場合は鼻涙管閉塞症であると診断することができます。さらに、逆流の中に膿が多い場合は、涙嚢炎まで合併していると判断できます。

慢性涙嚢炎

治療は、抗生物質や消毒液で涙嚢を洗浄したり、涙道へ細い針金を通したりしますが、一時的で根治しにくいも のです。したがって、手術で涙嚢を取り出してしまうか、涙嚢から鼻腔へ別の涙の道をつくるかしないと根治はむずかしくなります。慢性涙嚢炎を放置しておく と、時として急性涙嚢炎をおこすことがあるほか、角膜を傷つけると、角膜潰瘍を起こして失明する危険がありますので、根治して危険を取り除いておくことが 必要です。

急性涙嚢炎

急性涙嚢炎は、サルファ剤、抗生物質を投与したり、排膿を行ったりして治療し、急性涙嚢炎をまず治してもとの慢性涙嚢炎に戻します。さらに涙嚢を取り出す手術か、涙嚢と鼻腔へ新しい道をつくる手術を行ったりして、根治の方向へ持っていきます。

急性涙嚢炎の治療に際しての抗生物質は、下記の目薬を用います。

治療に使われる主な点眼薬の説明

※当院では処方箋を発行し、院外処方をしておりますので販売は一切しておりません。
この病気に対して処方している薬を表示しています。

薬剤名 説明

クラビット
菌のDNA複製を阻害し、増殖を阻害することにより抗菌作用を示します。通常、結膜炎麦粒腫)などの治療、また、眼科手術前後の感染予防に用いられます。

タリビット

菌のDNA複製を阻害し、増殖を阻害することにより抗菌作用を示します。通常、結膜炎麦粒腫)などの治療、また、眼科手術前後の感染予防に用いられます。

 

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。