×

■代表的な眼の疾患

×

×

×

ホーム > 眼の病気 > 眼瞼ヘルペス

眼瞼ヘルペス

眼瞼ヘルぺスの症状・原因の説明です。

ご予約はこちら

眼瞼ヘルペスとは

唇やその周囲に小さな水ぶくれが出来る病気“口唇ヘルペス”の原因である単純ヘルペスウイルスが目の部分に感染するとヘルペス性眼瞼炎を引き起こします。単純ヘルペスウイルスには1型と2型がありますが、眼瞼炎や角膜炎は1型による場合が多いです。

感染と経過

乳幼児期に初感染することが多く、その際は眼瞼の水疱性皮膚炎と急性ろほう性結膜炎の症状を呈することがありますが、症状がでない不顕性感染で終わること もあります。 初感染の後、ウイルスは三叉神経節にひそみ、風邪や疲労、外傷、ストレス、老化、薬剤の使用(ステロイド、免疫抑制剤など)などの体の抵抗力や免疫機能が 低下すると再び増殖して病変を形成します。

治療法

治療には抗ウイルス剤のゾビラックス眼軟膏が効果的です。細菌による混合感染の予防のため抗菌剤の点眼も併用する場合があります。ぶどう膜炎を併発したり重症化してしまった場合にはアシクロビル内服治療を行うことがあります。

※当院では処方箋を発行し、院外処方をしておりますので販売は一切しておりません。
この病気に対して処方している薬を表示しています。

抗ウイルス剤(アシクロビル)

  • ヘルペスウイルスの死滅
  • ヘルペスウイルスに起因する角膜炎などに使用

ゾビラックス眼軟膏、
ビルレクス眼軟膏など

抗菌剤

  • ヒスタミンと受容体との結合を阻害し、かゆみや充血などのアレルギー症状を抑えます。
  • 通常、眼瞼ヘルペスの治療に用いられます。

クラビット点眼液、タリビット点眼液・眼軟膏など

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。