池袋眼科ホーム > 眼の病気 > 眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労の症状・原因の説明です。
調節による疲労の場合、当院では点眼剤を処方いたしております。

ご予約はこちら

眼精疲労とは

眼精疲労とは、「目が疲れる」「目が痛い」といった症状が長く続く状態をいいます。 ひと晩ぐっすり眠れば、疲れが取れるという点で「疲れ目」とは区別されています。

眼精疲労の症状

眼精疲労の主な自覚症状は目に関するものとして、目が重い、ショボショボする、目が痛む、疲れによる充血、かすみや視力の低下などがあります。
また体に関するものとして、身体の痛み、肩こり、胃痛や食欲不振、便秘、吐き気などが起こることがあります。

眼精疲労の主な原因

眼精疲労は、パソコン、テレビ、ゲーム、読書など目を酷使することによって起きたものだと考えられます。
その他、眼の機能低下や他の病気によるものもあります。
眼精疲労の原因は多種多様で、主な以下の4つに分類することができます。

  1. 目の酷使による眼精疲労
    読書やテレビゲーム、OA機材、パソコンなど長時間同じ距離を見続ける為に起こる眼精疲労です。
    眼精疲労の中では、最も多いタイプです。
  2. 眼科疾患による眼精疲労
    ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症など疾患から起こる眼精疲労です。
  3. 調節性による眼精疲労
    遠視、老視、斜視、複視など、物に焦点を合わせる目の調節作用が低下してきた為に起こる眼精疲労です。
  4. 精神的なものによる眼精疲労
    慢性疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどによる眼精疲労です。

目の疲労を避けるために

「眼精疲労」の原因を突き止め日常生活に工夫をすれば、改善が期待できます。 

  1. 読み書きの時30cm位を見る視力が特に重要になります。
  2. 読み書きの時の机や椅子の高さを身体に合わせて調節してください。
  3. 机の上の明るさにも気をつけ、直射日光の下では読み書きを避けましょう
  4. 机に向かう際は正しい姿勢を心がけましょう。
  5. コンピューターを使用する場合は1時間ごとに10分ほど目を休ませます。

眼精疲労の治療薬

病気からくるものでなければ点眼による治療が主です。メガネなどを使用している場合は度数の適正等、そうでない方も病気からくるものでないか診察を受けることをお勧めします。

調節麻痺型の眼精疲労

主な点眼液 種類/効能
調節性眼精疲労における微動調節の改善
調節機能の改善

調節麻痺型の眼精疲労

主な点眼液 種類/効能
診断または治療を目的する散瞳と調節麻痺

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。