新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

網膜静脈閉塞症

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※
網膜静脈閉塞症
網膜静脈閉塞症とは、網膜静脈の血液の流れが、何らかの原因で途絶えてしまう病気です。
新宿東口眼科医院では、散瞳眼底検査OCT(光干渉断層計)蛍光眼底検査により、病態を把握し、必要に応じ、光凝固術を施行しております。

網膜静脈閉塞症とは

網膜静脈閉塞症とは、網膜の静脈(血管)が詰まり血液が流れなくなる症状を言います。静脈閉塞が起きた場所によって、病状は異なります。視神経乳頭から4方向に大きく枝分かれしている静脈のうちのいずれかに閉塞が起こった場合を「網膜静脈分枝閉塞症」と呼び、乳頭部で静脈の根元が閉塞した場合を「網膜中心静脈閉塞症」と呼びます。
網膜静脈閉塞症
眼底写真(右眼)
網膜の写真を撮ったものです。

網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)

網膜分枝静脈閉塞症は、視神経乳頭から4方向に大きく枝分かれしている静脈のうちのいずれかに閉塞が起こります。出血や腫れが中心部に及んでくると、視力も低下します。糖尿病とならんで、眼底出血を起こす代表的な病気です。

網膜中心静脈閉塞症(CRVO)

網膜中心静脈閉塞症は、血圧の急激な変動や、あるいは血管そのものの炎症によって静脈の根元が閉塞してしまい、浮腫や出血を起こします。影響は網膜全体に及ぶため、視力が障害されます。合併症としては重度の視力低下のほか、眼内出血、緑内障があり、失明に至ることもあります。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症の主な原因

網膜静脈閉塞症は、高血圧の50歳以上の方によく見られます。これは、高血圧は網膜の血管に影響されやすいためです。高血圧のほかに、血管の炎症や糖尿病などの血栓がつまりやすい病気がある場合にも、発症しやすくなります。

網膜静脈閉塞症の主な自覚症状

主な症状には急な目のかすみ、視野欠損、視力低下などが挙げられますが、静脈閉塞が起きた場所によって視力への影響に大きな差があります。自覚症状が全くない場合もあります。

網膜静脈閉塞症の主な検査方法

眼底検査 眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。検査の前に目薬をさして瞳孔を開き、検眼鏡を通じて主に視神経や網膜を観察する検査です。眼底疾患の有無を調べることが出来ます。
蛍光眼底検査 蛍光剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、上記の眼底検査よりも精密な眼底写真を撮る事が出来ます。
OCT(光干渉断層計) 近赤外線を利用した眼底の検査機器です。網膜の断面の観察ができ、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことができます。

網膜静脈閉塞症の主な治療方法

一般に、発症した直後の急性期には、血流循環改善薬などの内服治療が行われます。また、眼底出血や浮腫、血管新生緑内障を予防するため、レーザー治療を行うことがあります。最近では硝子体を切除する手術によっても、視力の改善が得られることが報告されています。また、眼球注射でも効果があると言われています。発症直後はできるだけ早く治療を開始することが大切です。

治療に使われる主な薬剤の説明

※当院では処方箋を発行し、院外処方をしておりますので販売は一切しておりません。
この病気に対して処方している薬を表示しています。

製品名 効用
カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物
アドナ錠
成分:カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物
毛細血管に作用して血管透過性亢進を抑制し、血管抵抗値を増強することにより出血時間を短縮し、止血作用を示します。 通常、毛細血管抵抗性の減弱や透過性の亢進による出血傾向(紫斑病など)、皮膚・粘膜・内膜からの出血、眼底出血・腎出血・子宮出血、手術中・術後の異常出血の治療に用いられます。
カリジノゲナーゼ
カルナクリン
成分:カリジノゲナーゼキニンを遊離して末梢血管を拡張することで、血液の流れをよくし、循環障害を改善します。通常、高血圧症、メニエール症候群、閉塞性血栓血管炎、更年期障害や網膜の血液の流れが悪くなって起こる症状を改善します。
アスコルビン酸パントテン酸カルシウム
シナール配合錠
成分:アスコルビン酸,パントテン酸カルシウム
ビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸を配合した複合ビタミン剤です。通常、病気、妊娠中または授乳中など、ビタミンCやパントテン酸が不足している場合の補給に用いられます。また、メラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善にも用いられます。

関連疾患

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
新宿東口眼科医院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

眼の病気について

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=13:45-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索