× 

代表的な眼科疾患

× 

コンタクトレンズ外来

× 

  1. 新宿東口眼科医院:ホーム
  2. 眼の病気について
  3. 角膜潰瘍

角膜潰瘍

角膜潰瘍 角膜潰瘍 とは、外傷や、ウイルス・細菌により感染を起こし、角膜の組織が部分的に表層から実質にかけて欠損している状態を指します。
新宿東口眼科医院では、主に点眼治療ですが、症状により内服薬も処方いたしております。

角膜潰瘍とは

角膜の表面の上皮がめくれる角膜びらんとは異なり、その奥の角膜実質にも、濁ったり薄くなったりといった影響が出ている場合を角膜潰瘍と言います。角膜の病気としてはかなり重症で、すぐに治療をしなければなりません。

角膜潰瘍

角膜潰瘍の主な自覚症状

角膜には、三叉神経が分布しており、体の中で最も知覚が鋭敏なところです。
そのため、角膜に炎症が起こると「激しい目の痛み」を感じます。痛みに伴って大量に涙が出て、黒目を囲むように白目も充血します。炎症が続くと角膜はしだいに濁っていき、潰瘍ができます。病変の部位や大きさによっては、視力が低下します。また、潰瘍が深くなって、角膜に孔が開くこともありますが、これを「角膜穿孔」といい、場合によっては失明することもあります。

角膜潰瘍の種類による原因・治療法・注意点

著原因によって、大きく分けると次の三つに分類することができます。

原因 治療法 注意点
外傷性 コンタクトレンズの不適切な装用、草木で目を突くなどして角膜に傷がつき、そこから細菌が感染。原因となる細菌としては、ブドウ球菌や連鎖球菌、緑膿菌などが代表的。 病変部の角膜を擦過して、原因となっている菌を調べ、その菌に対して最も有効な抗生物質(抗菌薬)の点眼。症状が強い例では、同時に、抗生物質の内服薬も用いる。 コンタクトレンズを装用したあと、ゴミ、草木などが目に入ったりして、その後、痛みが1日以上続いたり、痛みが増すようであれば、早急に眼科を受診してください。
感染性 フサリウム、アスペルギルスなど、いろいろな種類の真菌。これらは動植物に存在していること が多く、草木で目を突いたり、動物の毛が目に入ったことが原因で感染。また、目の治療にステロイド薬を使用している人、体が衰弱している人は、免疫機能が 低下するため、真菌に感染しやすくなる。 抗真菌薬の点眼と内服。抗真菌薬の内服は、6か月間など長期にわたって続ける必要があるため、薬に対するアレルギーや、肝機能・腎機能障害を起こさないように、定期的にチェックしながら使用する。 特にステロイド薬を使用している人や、体力が落ちている人は、目の症状に注意する必要があります。また、コンタクトレンズは正しく使用し、動植物と接触する機会が多い人は、目の保護を心がけてください。
非感染性 【角膜辺縁潰瘍】
まぶたの縁などに存在しているブドウ球菌に対する、アレルギー反応。
抗生物質やステロイド薬の点眼 いずれも、ほとんど両目に起こりますが、頻度の高い病気ではありません。
【蚕食性角膜潰瘍】
角膜組織が融解して、角膜の周辺部に潰瘍ができるもので、慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患に合併する例もある。
ステロイド薬の内服、点眼または手術療法

角膜疾患の治療薬

※当院では処方箋を発行し、院外処方をしておりますので販売は一切しておりません。
この病気に対して処方している薬を表示しています。

種類 効能 画像 主な点眼液
ヒアルロン酸ナトリウム ドライアイなどの内因性疾患
外傷などによる外因性疾患
ヒアレイン点眼液ヒアレインミニ0.1・0.3
ティアバランス0.1点眼液アイケア0.1
ヒアレイン点眼液、ヒアレインミニ0.1・0.3アイケア0.1ティアバランス0.1点眼液など
コンドロイチン硫酸ナトリウム 角膜表層の保護 アイドロイチン1%・3%点眼液コンドロン点眼液1%・3% アイドロイチン1%・3%点眼液コンドロン点眼液1%・3%など
人工涙液 涙液減少症、ドライアイなどにおける涙液の補充 ソフトサンティア ソフトサンティア人工涙液マイティアなど
抗菌薬 細菌の増殖を抑制 クラビット点眼液タリビット点眼液
眼軟膏
クラビット点眼液タリビット点眼液眼軟膏など
抗真菌薬 真菌の殺菌
角膜真菌症などに使用
ピマリシン1%眼軟膏ピマリシン5%点眼液 ピマリシン5%点眼液ピマリシン1%眼軟膏など
抗ウィルス剤
 (アシクロビル)
ヘルペスウイルスの死滅
ヘルペスウイルスに起因する角膜炎などに使用
ゾビラックス眼軟膏ビルレクス眼軟膏 ゾビラックス眼軟膏ビルレクス眼軟膏など
ジクアホソルナトリウム ドライアイの内因性疾患。涙の成分であるムチンや水分の分泌を促進し、涙の状態を改善することで角結膜上皮の障害を改善します。 ジクアス点眼液 ジクアス点眼液

関連疾患

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

  • ※初めての方でもご予約可能です。
  • 一般外来を予約する
  • コンタクトレンズ外来を予約する
  • 網膜・硝子体専門治療を予約する
  • ドライアイ専門治療を予約する
  • 黄斑疾患専門治療を予約する
  • 緑内障専門治療を予約する
  • 白内障専門治療を予約する
  • 新川医師の池袋の専門治療を予約する

常勤医師浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)

浪川医師
所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了 平成17年4月 総合新川橋病院 出向(1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任 現在に至る

主な論文

「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

  • ※初めての方でもご予約可能です。
  • 一般外来を予約する
  • コンタクトレンズ外来を予約する
  • 緑内障専門治療を予約する

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

夜間受付のご案内

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
平日

午前 11:30~13:45
午後 15:00~19:30

受付終了時刻 19:30
土曜

午前 11:00~13:45
午後 15:00~19:00

受付終了時刻 19:00
日曜
祝日

11:00~18:00

受付終了時刻 18:00
新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。

ご予約について

※初めての方でもご予約可能です。
※ご予約なしでも受診できます。
※土曜・日曜・祝日もご予約可能です。

電話予約

03-5363-0507
当日のご予約はお電話にて受付しております。

WEB予約

アクセス


住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。